メニュー 閉じる

OneDrive:共有する

  • OneDriveに保存されたファイルやフォルダは、他の人と共有することができます。
  • 共有設定されたファイルやフォルダは、ダウンロードや共同作業ができるようになります。
  • 共有する権限や公開範囲は、設定により限定することができます。
  • 共有設定されたフォルダの中のファイルは、その設定と同じ権限を保持します。

▼ 共有設定(共有リンクを取得する方法 / 対象者にリンクを送信する方法)/ 共有の確認 / 共有の停止


共有の開始

1.「自分のファイル」を表示

2.対象のファイルにチェック

3.「共有」をクリック

共有の設定 :AかBを選択

 方法対象者対象
共有リンクを取得する方法リンクを知っている人授業など
対象者にメールでリンクを送信する方法アドレスやグループが指定できる共同作業やゼミ等

共有方法(A) 共有リンクを取得する方法

共有リンク(URL)を取得する方法です。リンクはmanabaなど別のコンテンツに掲載する方法で配布します

1.「設定(歯車マーク)」をクリック

1-1.リンクを共有する「対象者」を選択
  ※下記参照

1-2.「権限」を選択
  ※下記参照

1-3.「適用」をクリック

※「有効期限」「パスワード」も設定可

2.「リンクのコピー」をクリック

※クリップボード上のリンクを、他のコンテンツに貼り付けます

※「対象者」「権限」の異なる複数のリンクを作成できます


対象者:公開範囲

安全性対象者内容対象
1弱いすべてのユーザー誰とでも共有。対象者のサインインは不要
強いMeiji Gakuin University のユーザー組織内限定。MGメールでのサインインが必要授業など
強い既存アクセス権を持つユーザー既にアクセス権を持つ組織内のユーザーと再共有する
強い選択したユーザーアドレスやグループを指定する。共有(B)と同じ共同作業やゼミ等

権限:共有先のユーザーが可能な操作

共有レベル選択肢編集表示ダウンロード
1編集可能
2表示可能
3ダウンロードできません

▲Topへ

共有方法(B) 対象者にメールでリンクを送信する方法

Outlookを使用して対象者に直接「招待メール」を送信する方法です

1.「共有先」を入力

2.「権限」を選択 ※上記参照

3.「メッセージ」を入力(省略可)
  ※送信メールの本文になります
  ※「設定(歯車マーク)」から有効期限とパスワードの追加も可

4.「送信」をクリック

  • 対象者にメールが「招待メール」が送信されます。
  • 対象者が招待メールからリンクを開くことで共有が開始します ※参照「共有を受ける

▲Topへ

共有の確認

共有の状態を確認して、正しい設定がされているかを確認します。リンクの再使用もできます。

招待されている場合は、左の「共有」タブに表示されます。上記例では「ショートカット」を表示しています。

「共有」欄の表示所有者アクセス可能な人
1所有者名他のユーザー所有者と所有者が共有設定した人※自分が含まれる
2共有自分自分と自分が共有設定した人
3プライベート自分自分のみ

アクセス許可の管理

1.「共有」をクリック

※「アクセス許可の管理」も可

2.アクセス許可を確認

左)アクセス許可のあるユーザー
右)作成したリンク

中)グループ(ここでは省略)

▲Topへ

共有の停止

不要な「アクセス許可」は安全のため削除してください。

●「共有」をクリック

※「アクセス許可の管理」も可

共有を停止する方法

1.「共有停止」をクリック

2.「共有停止」をクリック


リンクの一つを削除する場合

1.「リンク」タブをクリック

2.対象の「削除」をクリック

3.「削除」をクリック


任意の対象者を停止する場合

1.「ユーザー」タブ
2.「詳細設定」
3.対象者をチェック
4.「ユーザー権限の削除」
5.「OK」をクリック
6.タブを閉じる

▲Topへ

作成:2024/07